ようこそ

ようこそ日本福音ルーテル下関教会のHP兼ブログへお越しくださいました。

日本福音ルーテル下関教会は2015年に宣教100周年を迎えました。

ドイツの宗教改革者マルティン・ルターの流れをくむ伝統あるプロテスタントのキリスト教会です。

どなたでもお越しください。心より皆様のお越しをお待ちしています。

教会には聖書と讃美歌の準備がございます。どの集会も手ぶらでお気軽にお越しください。

マタイによる福音書11章28節
疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。

2013年5月13日月曜日

5月19日(日)の礼拝案内

5月19日(日) 聖霊降臨祭(赤)

聖霊降臨祭では、洗礼式が礼拝の中で行われます。
2名の兄弟姉妹が神さまから下関教会の群れに与えられました。
ここに感謝してご報告させていただきます。

主日の祈り
私たちの主イエス・キリストの父なる神様。弟子たちに約束の聖霊を送られたように、あなたの教会を省み、私たちの心を開いて、み霊の力を受けることができるようにしてください。私たちの心に愛の炎を燃え上がらせ、私たちを強めて、生命(いのち)ある限りみ国に仕える者としてください。あなたと聖霊と共にただひとりの神であり、永遠に生きて治められるみ子、主イエス・キリストによって祈ります。アーメン。

本日の聖書日課
第一日課:創世記11章1-9節(旧)13頁
第二日課:使徒言行録2章1-12節(新)214頁
福音書:ヨハネによる福音書164b11 節(新)200頁
16:4b 「初めからこれらのことを言わなかったのは、わたしがあなたがたと一緒にいたからである。 5 今わたしは、わたしをお遣わしになった方のもとに行こうとしているが、あなたがたはだれも、『どこへ行くのか』と尋ねない。 6 むしろ、わたしがこれらのことを話したので、あなたがたの心は悲しみで満たされている。 7 しかし、実を言うと、わたしが去って行くのは、あなたがたのためになる。わたしが去って行かなければ、弁護者はあなたがたのところに来ないからである。わたしが行けば、弁護者をあなたがたのところに送る。 8 その方が来れば、罪について、義について、また、裁きについて、世の誤りを明らかにする。 9 罪についてとは、彼らがわたしを信じないこと、 10 義についてとは、わたしが父のもとに行き、あなたがたがもはやわたしを見なくなること、 11 また、裁きについてとは、この世の支配者が断罪されることである。

※聖書は、「新共同訳聖書」を使用しています。
  ご自分の聖書をお持ちの方は、どのような訳でも構いませんので
  ご持参いただいても結構です。

讃美歌
はじめの歌 242番|みことばの歌 183番|
感謝の歌 262番|聖餐の歌 237番(Ⅱ編・聖歌隊の賛美)|終わりの歌 222番

※すべて日本キリスト教団出版局による「讃美歌・Ⅱ編」です。

説教題 「私は居ないが居る。」 竹田大地牧師

ティーンズ礼拝(中高生向け礼拝) 9:30~
主日礼拝 10:30~

※ティーンズ礼拝・主日礼拝ともに、子どもから大人までどなたでも礼拝に出席いただけます。
※聖書・讃美歌は教会にも用意がございます。
※ご自分の聖書をお持ちになっていただいても構いません。